2010年08月24日

母が逝きました

お盆前に入院した母は、とにかくギリギリだった。


食事もとれず、もう動けなかった。
それでも、家で死にたい、そう母は思っていた。
しかし、何も受け付けない身体では緩和ケアさえ出来ない。

入院してすぐに緩和ケアが始まった。
とにかく痛みや苦痛をとることが目標となる。

既に癌性腹膜炎なので、熱も下がらない。

緩和ケアには強い副作用がある。
その為に血圧が下がり呼吸が悪くなる。
それでも、それに勝る効果があるのだ。

私が病院に行っても、毎回は話せなかった。

話せる時に母の希望が聞けて、本当は喉を通っていかないけれど、アイスキャンディやコーラを口にしてもらったりした。
「おいしくなかった」と母は言ったけれど、そんなワガママを言ってもらえて私は幸せだった。

亡くなる前の夜、母が目を閉じる前に会ったのは私たち家族が最後だった。
ボンズが笑顔で手を差し伸べ、母は最期の笑顔をボンズにむけた。

つづく
posted by full at 16:27| 北海道 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 私事のあれやこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうfullと、呼吸すればよかった?
Posted by BlogPetのchooco at 2010年08月30日 16:19
ご冥福をお祈りいたします。
でも、お孫さんの姿を見れて幸せですね。
ウチの母はまだ見れておらず・・・というか見れるのか。
Posted by 羊 at 2010年08月30日 20:09
羊さん

ありがとうございます。
ありがとうございます、と言うのも変ですが、
家族葬だったので、色々追われるばかりで、悲しむ暇もなく、
普通の葬儀のように、お悔やみを言ってもらう(という言い方もなんですが)こともほぼなかったので、ありがたく感じます。
Posted by full at 2010年08月31日 08:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。